求人情報から読み解ける様々な事

応募だけじゃない?求人情報サイトを使ってできること

>

経済状況をつかむために

求人から景気動向を見る

基本的に求人するということは、仕事も多くあるという事です。
給与面でも悪い条件でなければ、景気は上向きと考えられます。

求人情報のそれぞれの企業欄を見てみましょう。
新しい部署の設立につきメンバー募集とか、会社の規模拡大による増員などという内容があればその会社は勢いがあり成長中の会社です。
社員旅行などの情報も景気の判断にはもってこいです。
ある程度の規模の会社で、毎年海外に社員旅行に行ったりしていれば、間違いなく上向きの会社でしょう。

求人情報に掲載された情報で、以前と比べて給与面などが悪くなっている場合もあります。
その場合はやはり景気があまり良くない状態である事が分かります。

転職を考える時は特にこのあたりはしっかり確認しておいたほうが良いでしょう。

今人気の職種は

求人情報に掲載され、すぐに応募締め切りになるような業種は人気の仕事と言えるでしょう。

人気の業種は市場も活性化している事が多いので、その分人手も必要となってきます。
そういった業種は募集も多いですが、応募も多くなります。

またハイクラスの求人であれば、人気の反面、希望人材としてはハイスペックなスキルを必要としたり、豊富な経験や職歴の内容に基づきます。
誰でも出来る仕事でない事がほとんどなので、実際に応募する率は低めかもしれません。

人気の職種や企業の景気動向を見る事は、株などの投資をしている人にとっても参考になる部分が大きいはずです。
自分の職種と繋がりのある職種の景気動向は、確認しておけば今後の売り上げや受注の推移の予測にもなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る